バーチャルYouTuber衰退のきっかけを作ったのは企業かもしれないけど、トドメを刺すのは紛れもなく俺たちだ

先日こちらの記事を書かせていただいたところ、いろいろと凄かったんですよね。主に反響が。

いやあすごい。やっぱ人間って何かを貶める時や罵倒する時ほど脳がフル回転するもんなんですね。普段配信の時は俺含めて「かわいい〜」しか言えないくせにねオタクって。悪口書いてるときの口の回りようはベイブレード並み。止まらねえゼ。

本当にいろいろなコメントをいただきました。その中にはもちろん勉強になるもの、勉強になるどころか、トイレとかに置いてある日めくりカレンダーに付いてる詩より意味不明な意見まで。

とくに俺が「?」ってなったのは、

「この記事を〇〇(VTuberの名前)が見たらどう思うでしょうね」

って旨のコメント。いっぱいきた。

いや、どうも思わねえだろ。

そもそもですよ。一視聴者の、しかもこんな場末のブログの記事をわざわざ読んでるやつがいるのか? って疑問もありますけどね。読んでたとしたらお前、なんかもっと他にやることあんだろ。

よしんば見たとしても、「不愉快なやつがいるな〜」ってそっとミュートされるのがオチ。

これら全部をオタク特有の早口で言ってるのをご想像の上、ご覧ください。

俺らオタクってのはそもそも日陰者なわけです。陰と陽があれば、間違いなく陰。底辺。はみ出し者。クズ。そういう下地をもってる奴ほどオタクになりやすい。俺と俺の周りがそうだから、間違いない。反論は認めます。

とにもかくにもオタクって生き物はアイデンティティとかそういうものが確立出来てなくて、常に自信がない。

発言一つとっても玉虫色の答えしか出せないのは「こう答えたらどう思われるだろう」だとか、「こんなことを言ってしまったら、嫌われるだろうか」なんてナイーブさが先行するから。

だから「〜〜が見たらどう思ういますかね?」なんてダサいことを平然と書く。いや見ねえし、お前がどう思ってるのかを書け。他人の名前盾にしてこっちの顔色伺ってんじゃねえぞ。

誰かを好きだったらそいつとそいつの周りを全肯定しなきゃいけないんですか? 違うでしょう。例え俺の好きなVTuberであっても俺の言論までは統制しちゃいけないし、ましてや他人の名前を出してまで俺の自由を封殺しようとする連中に、そんな権利はない。

勘のいい方々は気づかれたと思います。そうです。今回はオタクがオタクを叩くって趣旨の記事です。我ながら同族嫌悪とダブスタ感すごくて失笑もの。まあ聞いてくれや。

なぜかオタクって自己肯定感は低いくせに、自意識だけはやたら過剰なんですよ。もちろん現実に自信なんて持てないからこそ、こうしてバーチャルだったりアニメに癒しを求めてるわけです。かよわい可愛い生命体なんですよ奥さん。家に一匹いかがですか? まあ俺らはすごく凶暴な上に全然他人に懐かないんですけどね。まだパンくんの方が賢いし世話のしがいがあるんじゃないでしょうか。

オタクの最悪なところはここにとどまらなくて、無駄に過剰な自意識の暴走しやすさがエヴァ初号機レベルってこと。ATフィールド全開なうえに、すぐ心のナイフを出しちゃう。

自分の好きなものを否定されようものなら、それを通じて、

「そもそもこんなんをありがたがって見るお前の人間性がどうかと思うわ」

って言われた気がしてしまう。もちろん実際はこんなこと言ってないです。でも俺らは現実として世間がマイノリティに厳しいことを知ってるから、口には出せない。別にいいじゃないですかももクロの緑が好きだって。それだけで"悪趣味"とか。ほっといてくれ。

結果ますます現実以外にのめり込んじゃうわけです。負のスパイラル。一度ハマってしまえば底辺へウェルカム。

こんなんオタクと底辺しか集わないVTuber業界じゃさらに顕著。批評=アンチってレベルにまで先鋭化されるわけです。実際俺の記事に真っ先に食いついたのは、VTuberのファン層。

別ににじさんじだけのせいじゃない

そもそもにじさんじは偶発的に一因になってしまっただけで、もっと具体的な悪がいるんですよ。そう、俺たち視聴者側です。

前にもいたはずなんです。にじさんじやアップランドをはじめとする他の企業のやり方を批判する奴らは。見た限りだったら、夏に入る前にもそのことに言及してた連中はいっぱいいました。俺を含めたそいつらの意見が本当に正しいかはさておくとして。

でも、そいつらは何も言わずに出てった。その理由も明白で、俺らがそんな彼らの説得を聞き入れなかったからです。思えば、あの無意識な自信はどこから出てきたんでしょうね。

ところが夏もあけて、いくつかの無名企業が傾き始めるわけです。倒れた後に残ったのは、貢いで軽くなった財布と虚無感だけ。やるせないですね。

そこまで来ておいて、まだ誰も界隈全体が傾いてる現状に気付かない。気付いてる奴はいるんだけど、そんなもんは当然無視されてる状態。

実際に企業が倒れてVTuberが死んだ際、当事者たちにも悲喜こもごもはあったでしょうけど、彼らは誰も責めなかったんです。健気なことに。明らかにずさんな管理体制だったとか、営業していた会社に多少の不満は言うものの、VTuberって界隈全体の自家中毒、その一端が目の前で起こってるのに、それを指摘しなかった。指摘、できなかったんですよね。そこまで頭が回らなかったのか、頭を回らせたくなかったのかは知りませんが。

指摘できなかった理由の一因は、俺らオタクが超凶暴だから。現実世界だとフナムシレベルの腰の低さを見せるくせに、途端にインターネットになると牙を剝きだすからです。近寄らないほうがいいぜ、俺ァ切れるからヨ……。

特に俺らが凶暴になるのは、集団になった時。オタクは教室や職場では常に少数派という肩身の狭い隅っこに立たされ続けていたわけですから、いざ多数派に立つと手がつけられない。てか、どうしたらいいかわかんないし加減を知らない。結果巻き起こるインターネットリンチ

そしてそのことを一番知っているのは、同じオタク。だからオタクはオタクに噛みつかない。噛み付けば最後、より味方の多いオタクに潰されるから。こうして社会の底辺にもヒエラルキーが発生するわけですね。地獄かよ。

そして企業主導のもと、目の前でごうごうとVTuberっていう業界が燃え盛ったわけです。なのに俺らは馬鹿騒ぎ。なんなら、なんか分からないけど楽しそうだからって理由でさらに油を注いだわけです。その先に残るのは燃えカスだけなんですけど、俺らオタクは群れて気が大きくなってるから気付かない。

万が一気付いたやつがいたとしても、なんか言ってるそいつが気にくわない。だからマシュマロに悪口連投するか、FF外からシュバってボコして火にくべる。気付いたら宗教の領域に到達してたわけです。しかも蛮族系。

VTuberに未来はあるのか。

なんて言ったりして。でもそれを決めるのは俺たちじゃなくて、実際に出資するのは企業です。俺らは金と時間を搾取される立場。逆に、俺らから金が取れないってことがわかったら、連中は早くに見切りをつけます。やつらだって社員を食わせたいから。

そもそもこんな場末のブログにわざわざ意見書いてる段階で、みんなも俺も紛れも無いVオタク。ツンデレかって。

本当に見限った連中は一言二言言い残すか、それさえしないでパッと消えます。思うに、この界隈って本当にファンを引き留める力が弱いんだなって。そうやって離れてた連中がいざ戻ってきて、一時間以上のアーカイブが並んでるのを見て、生配信で内輪ネタで盛り上がってるのを見てしまって、本当に離れてしまう。

そしてそれを良しとする俺たちファン。改善されるわけがない。

俺は嫌いだから叩いてるんじゃない、「好き」だから叩いてる、なんて偉そうなことは言いません。俺の主観の元にあれだけ叩いておいて、いまさらそんなこと言えるほど面の皮は厚くないつもりです。

だけど、良いものを「良い」って言えるのと同じくらいに、悪いものを「悪い」って言えない世界に未来なんてありますか?

そして、悪いものを「悪い」って言えなくさせたのは、紛れもなく俺たち視聴者。

生放送箱推し偏重へと形態が移行したのも、俺らがその需要を望んだから。それにしたって行き過ぎてるとは思いますが。

どういった形であれ、俺はVTuberには生き残って欲しいと思ってます。今はダメでも、いつか実を結べば後の時代に、キズナアイたちへの正当な評価と記録が残されるはずですから。結局誰の記憶にも残らず消えるのが一番悲しいし、彼女たちの努力までは否定したくない。

ここまで書いておいて、前回も、今回も、俺の記事や理論は偏見で塗り固められた穴と嘘だらけ。さあぶん殴れよ。お前らが俺の意見を止められないように、俺にもお前らの意見を止める理由がない。そのまま寝ぼけた企業連中や個人もぶん殴れ。対立と競争。それが世の常なんだよ。それを明確にしてやれ。そうすればちょっとだけ、ほんのちょっとかもしれないけれど、何かが変わる。

説教くさいことばかり言って申し訳ないです。これからはてきとうなことしか言わないつもりだから許しておくれ。ほんとに。嘘だけど。

俺がVシンガーとかの層に多大な期待をかけちゃうのは、彼ら/彼女たちが新しい畑を開拓してくれる可能性があるから。

VTuberは一部オタク層の取り込みには成功した結果失敗しかかってるんですが、俺の知る限りでもう一箇所だけ、一番可能性のある場所があります。

"歌い手"層です。

彼らはプロフィールに/(スラッシュ)を多用する生態で有名。一説によると、あの/の多さが部族内の階級を表すとか表さないとか。まふまふ/そらるなんて具合に。しかも奴ら、とんでもなく見境がない。中には、ワンオク/天月/星野源なんて音楽性グッチャグチャのキメラが錬成されてる始末。

どうでしょうか、96猫/米津玄師/ゆず/YuNi。違和感ないし、実際にやつらならやりかねない。しかもやつら、曲の良し悪しなんてわかってない。

「ボーカルが男・女・声が高い・低い・四つ打ちだと嬉しい」

くらいにしか思ってない。ベースの音さえ聴き分けられない連中です。ここまでちょろい連中、そうはいない。あいつら揃いもそろって曲のノリの良さとボーカルの顔面しか見ない。その間隙を突いてくれ、Vシンガー。

なんて勝手に俺は期待してます。

俺は別にVTuberのアンチになるつもりはなくて、むしろ生き残って欲しいって明確に思ってます。いろいろ言ったけど、やっぱ俺も脳みそ溶かされてんスよ。もう戻れない。

こんだけ好き放題書いて各方面に喧嘩売りまくったんだ。次に会うときにゃ俺は死体だよ。あばよ。